プロモーションの成功は9割の○○で決まる!2022.7.27 アソシエイトパートナー 乳井 俊文

皆さん、こんにちは。SHIPアソシエイトパートナー、株式会社クリイエティブアローズの乳井です。
今回は成功するプロモーションはどうやって生み出されるか?についてお話ししたいと思います。

「新型コロナウイルスの影響によって、人々の生活が変わった。」この表現は2022年現在、この2年間で何度も目にしてきました。実際に、私たち自身も「変化」を感じていると思います。クライアントからも、この「変化」を読み解いた上での「課題解決の相談」が増えてきました。

そこで課題解決のアウトプットを検討する前に、なぜ消費者の行動が変化するのか?まずはその仕組みを理解することが重要です。消費行動を変化させる要因は大きく4つあると言われています。「環境の変化」「社会・経済の変化」「人口動態の変化」「テクノロジーの変化」です。これらの4つの要因が、消費者の価値観に影響を与え、行動にも変化が起きると言われているのです。

|①環境の変化|
新型コロナウイルスの流行、地震・洪水・台風の増加、気温の上昇など。特にSDGsの普及に伴い、人々の環境意識は徐々に高まりをみせている。
【キーワード】コロナウイルス・SDGs・環境意識・気象の変化

|②社会・経済活動の変化|
女性の社会進出による「共働き世帯」の増加。また、コロナ禍でのリモートワークの普及による働き方改革が加速。
【キーワード】景気の低迷・女性の社会進出・共働き世帯・リモートワーク

|③人口動態の変化|
少子高齢化の加速、世帯人数の減少、単身世帯が増加。また、脱 都市依存が加速し、東京の転出率が増加。
【キーワード】脱 都市依存・少子高齢化・世帯人口の減少・単身世帯の増加

|④テクノロジーの変化|
SNSやスマートフォンの普及。テクノロジーの進化・普及が情報収集や購買行動を大きく変化させる要因に。
【キーワード】シニアのデジタル化・ECの伸長・キャッシュレス・SNS・サブスクリプション

最良のアウトプットは、変化を読み取る最良の「分析」が必要不可欠です。私たちはプランニングを行う際、ほとんどの時間をこの変化を読み解く「分析」の作業に充てています。どれだけ消費者の行動の変化や市場の変化、競合の動向を読み解くことができるか?いいアウトプットを出すにはこの変化読み取る「分析」が最も重要と考えています。この最良の「分析」ができれば、自ずと最良のアウトプットが出てくるものと思っています。

もちろんビックアイディアベースで動くこともあります。ただし、どんなに革新的なビッグアイディアを思いついたとしても、それが本当に間違っていないか?消費者や市場の変化に合致しているか?答え合わせするための「逆引きの分析」も行い、確かなエビデンスの元に「アイディアを俯瞰して」見つめ直し、そのアイディアの精度を高めることに努めています。

実際、私たちがどのような分析を行っているのかを紹介します。私たちが必ず行う分析の1つが「3C分析」。当たり前と思われるかも知れませんが、当たり前だからこそ、正確な「3C分析」ができているか否かで「導き出されるアウトプット」の精度に差が出てくるとものと思います。

どのように3C分析を行うかはケースバイケース、様々な方法が存在します。例えば…

●顧客・市場分析
課題抽出のための「消費者アンケート調査」
・市場動向・顧客ニーズ・検索トレンドなど、実際の消費者に聞きたいことを聞ける。
【注意点】調査費用と調査に時間がかかる

●競合分析
競合のプロモーションや取り組みを把握するための「Webサイト分析」
・実施しているキャンペーン等のプロモーション事例の把握が可能。競合他社動向だけでなく、新規参入や上位表示分析も。
【注意点】実施プロモーションでの集客・成果が不明瞭

●自社分析
自社の状況を把握するための「自社サイトのGoogle アナリティクス分析」
・自社の目標、経営方針、技術力、人材力、営業力の把握をしつつ、正確な自社サイトの動向を分析。
【注意点】競合サイトのGoogle アナリティクスは見られないために相対比較が不可能

このように分析方法については、案件ごとに様々な手法が存在しますが、弊社では「3C分析」を通して、自社事業の成功要因や、自社の抱える課題発見につなげていきます。
私たちは、クライアントから様々なご相談をいただきます。その中で、実際に「弊社のご提案」を採択いただけることもあれば、採択いただけないこともあります。この採択を左右する要因は何だったのか?この勝因・敗因についても、クライアントへのヒアリング・社内での振り返りを通して「分析」を行います。
その中で1つ見えた要因は「顧客・市場、競合、自社(クライアント)をどこまで理解できたか?」という答えに至りました。私たちは、この「分析による理解」に重点を置き、徹底的に正確な分析を行い、それを基にした「創造」でご相談いただくお客様の期待を超える、ワクワクするようなアイディアを提供します。それらは、単に面白い・話題性がある施策だけではなく「消費者行動の変化を捉えた上で」潜在ニーズを満たすにたる、根拠のあるデータや切り口が備わっているのです。

皆さまの事業におかれましても、様々な課題が存在するのだと思います。そんな時は、4つの市場変化における自社事業の状況を俯瞰してみてみましょう。そのうえで競合やベンチマークとしている企業との3C分析を行ってみて、少しでも精度の高い、絶対に外さない方法論を見つけだす事をおススメいたします。

ご興味がある方は是非、SHIPの鈴木先生までお問い合わせください。

 

株式会社クリイエティブアローズ
https://www.creative-arrows.co.jp

関連するBLOG

ContactContact弊社へのご質問・お問い合わせはこちらから